気付いたら闇金に手を出していた

子どもの頃の習慣から不眠症になることも・・

最近は夜遅くまで小さい子供を連れまわす親御さんが多いですよね。自分たちのライフスタイルの都合に合わせて子供を夜遅くまで連れまわしたり、居酒屋に連れていったり、また深夜まで塾通いをさせて子供たちが本来眠っているべき時間に起きていることが多くなっていると思うのです。それで良いと考えていらっしゃるのでしょうが、子どもの時の習慣は大人になった時の生活に大きく影響します。体から抜けなくなってしまいます。そしてそれが睡眠のサイクルを決定してしまい、不眠症の原因にもなることを分かっていらっしゃるのでしょうか。調べたい方は不眠症←アクセス!

 

子どもがいても今までの生活を崩したくないという気持ちはわかりますが、子どもの将来のこと、健康の事を考えると寝るべき時間には寝かすという習慣づけは非常に重要なのです。
不眠症になった子供の身代わりは出来ません。そのつらさを軽減してあげることも出来ません。子供が小さい間は自分たちの楽しみはちょっと我慢して正しい睡眠サイクルを作ってあげましょう。